So-net無料ブログ作成
検索選択

グリップカバーの付け直し [R1200GS LC カスタム]

GS-LCのグリップ摩耗の保護で使っている
上州屋の釣り竿の滑り止めが
へたって来たのと表面がツルツルになったので新品に
(本体を交換すると相当な金額になります)

h1IMG_0604.gif

しかし、何故かこんなにたくさんあります(笑)

h7IMG_0628.gif

古いのはロードスター(7~8年ぐらい前)に使った物かも?

取りあえず作業開始
端に切れ目を入れて、剥がします

h2IMG_0606.gif

次はハンドルの端にあるネジを外してハンドルバーウエイトを取ります

h4IMG_0617.gif

この時、雑にやると落とすので手を添えて

h5IMG_0621.gif

一番古い滑り止めを適当に切り、グリップに挿入

h8IMG_0631.gif

ヒートガンで温め熱処理すると、本体にピッタリくっ付きます
ちょっと長いけど問題なし

h9IMG_0633.gif

あとは、逆の方法でウエイトを取り付けてネジ留め
反対側も同じ様にやって、作業完了

h10IMG_0650.gif

表面の肌触りが違います

ハンドガードも夏仕様にした方が良かったかな?

h11IMG_0670.gif

グリップカバーを交換したら、
今度は真ん中が減りすぎたタイヤの交換の予定
これか?

h12pr013.gif

http://www.bridgestone.co.jp/products/tire/mc/products/detail/pr013/index.html
それじゃ

nice!(102)  コメント(11) 
共通テーマ:バイク